×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ビーズアクセサリーの作り方を覚えて楽しいビーズの世界へ。

ビーズアクセサリーの作り方を覚えて、最初は簡単な指輪から始まり、その後は携帯ストラップ、チャーム、ブレスレットと作っていくうちにどんどんビーズアクセサリーの楽しさにハマっていってしまった方、多いですよね。ビーズアクセサリーの作り方で扱うビーズのひと粒ひと粒は小さいけれど、それが着実に連なり形となっていくプロセスは何とも言えない充実感があり、出来上がった時の嬉しさは何度味わっても新鮮。ただビーズアクセサリーの作り方を覚えると時間も忘れて集中してしまうから、気づくと目はシバシバ、肩はゴリゴリなんてことも。今は仕事でパソコンを使う人も多く、目を酷使しがちですもんね。ビーズアクセサリーのような細かい作業をする時はまず部屋全体を照らす蛍光灯に加えて、手元はスタンドライトを使うといいですよ。角度が自由に変えられたり、手元に近づけられるアームタイプで、長めに使っても熱くならない(赤外線を含まない)LEDライトや、作業内容によって蛍光灯・白熱灯の切り替えができるライトなどもあるので、予算に合わせて探してみてね。

ビーズ アクセサリーをお探しの方はこちら

気になる商品情報を検索してみよう!


[ナイスな情報]

手作りのビーズアクセサリー、最近特にヘアアクセが受けてます。

ビーズアクセサリーの作り方を覚えて、だれかをイメージして作ったビーズアクセサリーを、友達や家族へのプレゼントにするととても喜んで貰えますよね。その人の雰囲気や普段着ている洋服の色やセンスを考えて、使うビーズやパーツを選ぶのもまた楽しいものです。ビーズアクセサリーの作り方を覚えて良かったと思えます。中でも個人的に最近とても喜ばれるビーズアクセサリーと感じているのが、ヘアアクセサリー類です。ビーズを使ったヘアアクセサリーの作り方もぜひ覚えてくださいね。ビーズアクセサリーの携帯ストラップも手軽でいいのですが、ビーズアクセサリー以外でも貰う機会が多いようで、もう飽和状態?その点ヘアアクセサリーは比較的少ない材料で、しかも割と短時間で作り方をマスター出来る簡単なものなのに、予想以上に喜んで使ってもらえます。ヘアアクセサリーはデパートなどで買うと結構高価で、ちょっと凝ったものだと1万円以上したりしますもんね。手芸専門店でヘアコームやカン付きかんざしなら300円台ぐらいから、シンプルなバレッタならアクセサリー店で数百円で買えますから、髪が長めのお友達にビーズのヘアアクセサリーの作り方を覚えて作ってあげてはいかがですか?

ビーズ のヘアアクセやヘアゴムをお探しの方はこちら

どうしても余るビーズ、どうしています?〜余ったビーズの活用法あれこれ。

ビーズアクセサリーの作り方をマスターする時などに使うビーズって、どうしても余っちゃいますよね。ビーズアクセサリーキットで買っても少し余分に入ってるし、個別に買う時も途中で足りなくなったらイヤなのでビーズアクセサリーの作り方をしっかり身につけるまで、つい多めに買ってしまいがち。いつか他のビーズアクセサリーの作り方を知る時に使うだろうと思っていても溜まっていく一方なので、ちょっと発想を変えてこんな使い方をしています。景品などでもらったごくシンプルなガラス皿(なければ100円ショップなどで買ってね)を2枚用意して、1枚の上にビーズアクセサリーの作り方の勉強などで残ってしまったビーズを隙間なくびっしり接着剤でくっつけて、もう1枚のお皿を重ねてこれも接着剤で固定して、ハイ、もう出来上がり。私はアクセサリートレイとして使っています。あと、大きめのボタン(できればくぼみのあるもの)に同じように接着剤でつけて、そのまま飾りボタンとして、ピンをつけてブローチにしたり・・。あ、忘れてはいけないコトとして、作るときはどれも必ず乾くとクリアになる接着剤を使ってくださいねー。

ビーズのブローチのいろいろ商品情報はこちら


spacer.gif
Copyright © 2009 ビーズアクセサリーの作り方とか
  • seo